ブログBlog

禁煙

断捨離 禁煙支援29

 禁煙を決意した時にまず実行しなければならないことは、タバコに関連するものです。タバコはもちろんのこと、ライターや灰皿といったものはすぐに捨てる必要があります。以前に依存症は喪失感から生じると書きましたが、依存症の場合には失うことを過度に怖がってしまう傾向があります。アルコール依存の場合はビールジョッキに愛着があり、捨てることができません。覚醒剤の場合に典型的なのは、売人の連絡先を消去することができません。このように薬物を断つと思いながら、それに関連するものを手放すことができないでいます。買い物依存の場合にはまったく使うことのない化粧品が山のように積みあがっているということもあります。こうなると、そういったものが刺激材料となるため、渇望が起こりやすくなります。手放すことを学べば意味のない執着であることを学ぶことができます。タバコに関連するものだけではなく、不要なものを捨てる習慣があると、気持ちがすっきりする効果も期待できます。手放すという自由もあれば気持ちが軽くなることもあるのです。

ホームページ


E-Lifeカウンセリングセンター