カウンセリングについて

カウンセリングについて | 広島のカウンセリング・心理療法 E-Life カウンセリングセンター

お申し込みから
初回面接までの流れ

  1. step1 お申し込み

    無料相談もしくはお問い合わせ・お申し込みフォームより無料面談をお申し込みください。実施後にカウンセリングをご希望の場合はSTEP2にすすみます。

  2. step2 初回面談

    無料相談実施後にご希望の心理療法をこちらよりご予約ください。ご予約後に確認メールを送付致します。手続きが完了後、ご希望の時間になりましたらURL(TEAMS)より入室ください。

  3. step3 2回目以降

    初回以降継続で面接を希望される場合はSTEP2の手続きと同じ方法でご予約ください。

無料相談について

 まずは無料相談をご利用ください。無料相談については匿名でお申し込みいただいても構いません。氏名についても特定されないような氏名に変更していただければと思います。オンラインではビデオについてはオフにしていただくことも可能ですので、その旨お伝えください。無料相談後にご希望のカウンセリングがございましたら、再度ご予約ください。

カウンセリングについて

 状況や症状など特に限定することのない、傾聴を主とした心理療法です。メンタル的に辛い状況の際には、方向性などがわからず、不安が強いことも少なくありません。まずは他者に相談することで多くのヒントを得られることも少なくありません。そういった状況の方にはぜひ、ご活用ください。会話をすることで改善していくこともありますし、どのような心理療法でも信頼関係が大切です。お話をお聞かせいただいた上で適切な情報やエクササイズを適時提案させていただくことも可能となります。

ソマティック・エクスペリエンシング®

 ソマティック・エクスペリエンシング®(Somatic Experiencing®; SE™)療法とは、アメリカのピーター・ラヴィーン博士によってつくられたトラウマ・セラピーです。しかしこの療法は汎用性があり、トラウマだけでなく、不安症やストレスマネージメントとしても活用できます。主に身体感覚に注意を向けることによって症状の緩和をはかります。トラウマの治療にはさまざまなものがありますが、比較的安全に取り組めるセラピーとかと思います。心理療法は体験的なプロセスが大切です。身体感覚に意識を向けて緩やかにエネルギーを解放していきます。心理療法には思考から変化をしていく方法(トップダウン)と身体や感情に焦点をあてて治癒をめざしていく方法(ボトムアップ)があります。こちらは後者になります。トラウマ体験は抑圧されていることが多く、身体感覚に焦点を当てることによって抑圧されたエネルギーを解放できるようになります。身体に焦点をあてた心理療法としてはフォーカシングがありますが、こちらに近いものです。ソマティック・エクスペリエンシング®はこれに自律神経システムの理論をベースに、適量のストレスを加えることで自律神経の調整力を高める点が独創的といえます。実際のセッションは固定化されたものではないので、相談者様の状況に合わせながら対応していくことになります。

適応障害等のストレス関連のプログラム

 ストレスが主な原因となって生活に支障を生じている方のためのプログラムです。回数は3~5回です。要点を理解し、問題が消失した場合はそれで終了することも可能です。内容は「問題の理解」「ストレスの軽減」「リラクセーション法の獲得」「柔軟な考え方」などで構成されています。リラクセーションはオンラインによりセラピストと一緒に練習をします。リラクセーションには向き不向きがありますので、こうした点を確認しながら実施していきます。「柔軟な考え方」については負担の強い考え方や思考習慣の軽減を一緒に考えていくような内容になっています。

適応障害等のストレス関連のプログラム参考資料

らくらく禁煙支援プログラム

 禁煙は一時的なものではなく、一生に渡って続けていくものです。禁煙にはいろいろな方法がありますが、心理療法は強力なサポートツールとなります。その理由は、依存は身体的なものだけではなく心理的な側面が大きいからです。特に喫煙で恩恵を受けたという誤った記憶は禁煙の継続を阻害します。こうした記憶を修正していくことが渇望をなくし、禁煙を永続化させていくコツです。また同時に身体的な渇望にも対処していく必要があります。このプログラムでは認知行動療法のエッセンスを多く入れていますが、禁煙セラピーの中核的なエッセンスも加味しています。禁煙は苦しみながらするものではありません。楽にやめていくことが大切です。ぜひこつを掴んで成功してみてください。回数は3~4回です。途中で成功してしまえば、すべて実施する必要はありません

らくらく禁煙支援プログラム参考資料

アンガーコントロールプログラム

 怒りのコントロールです。自分の怒りをコントロールできないことに悩んでいる方は多いものです。怒りを表出されると、対人関係だけではなく、社会的評価の低下やさまざまな社会的喪失を生じることが多いからです。今の時代は感情のコントロールを要求されることが少なくありません。しかし感情の制御はコツを知ることで制御の幅を広くすることができます。このプログラムでは一般的によく言われているメソッドに加えて、自律神経システムの把握、食べ物の関係、考え方、精神疾患との関連などを加えた内容になっています。全体としては3~4回で終了しますが完結する必要はありません。

アンガーコントロールプログラム参考資料

 

ゲーム依存脱却プログラム

 ゲーム依存の問題は非常に高くなっています。自宅で過ごす時間が長くなったことやネットワークによってその楽しみ方が拡がったことも一因かと思います。一方で発達上の理由から、言語コミュニケーションに課題がある、切り換えが難しい、勉強が難しくて学校がつまらない、静かな環境で過ごしたいなどといったことも問題を複雑にしています。このプログラムでは家族と一緒に学んでいけるような内容にしています。ゲーム依存を克服するには家族の協力が大きいからです。依存症全般にいえることですが、ひとりで克服できない状態になっているのです。一方でゲームをしている本人と家族の関係が悪化していることも少なくありません。できれば本人と家族が一緒に参加してもらえるとよいのですが、難しい場合にはどちらか一方でも改善できるような内容としています。

ゲーム依存脱却プログラム参考資料

 

禁煙セラピー

 禁煙セラピーは英国人アレン・カーによって開発された禁煙メソッドで、これは1980年代に開発されました。書籍としても世界で大ベストセラーとなっており、今でも多くの書店に並んでいます。禁煙セラピーは個人で受講し、このコツをしっかりとマスターしていくのがこの禁煙セラピー(個人セッション)になります。書籍を読んで一度は成功したものの、また再喫煙していしまった、薬物治療ではなくセラピーでやめたいといった方が多くいらっしゃいますので、こうした方を主に対象としています。このメソッドは我慢でやめることがいかに禁煙の継続を難しくし、また苦しいものにするかに視点が置かれています。こういった内容を理解することで、「喫煙する動機」そのものをなくしてしまうことが特徴です。アレン・カーのセッションは大変ユニークで、このプログラムにはこうしたユニークさが随所に挿入されています。たとえば洗脳の概念や喩え話などが頻繁にでてきます。こうした内容は書籍にはないものです。催眠療法もありますが、どちらかというと簡易的なものです。潜在記憶にアクセスする必要もあることから、導入しています。催眠に期待される方も多いのですが、催眠はあくまで補助的なものとご理解ください。「Easyway サポートプログラム」は、世界55カ国で40年以上の実績を持つ禁煙メソッドを、そのまま企業様向けに採用しています。職場の喫煙率を確実に削減に導くためのプログラムです。以下の企業は国内又は海外のグループサイトで取引実績のある企業様です。ご関心のある企業様についてはその旨お伝えください。

 

教育相談

 不登校・発達に関する相談を主におこなっています。不登校・ひきこもりはしっかりと原因と理解することが大切です。「しっかり見守っていきましょう」という助言もよくありますが、そのまま数十年たってしまったケースをいくつも知っています。身体の問題や発達上の課題を理解しつつ、支援していくことが大切です。必要によってはオンラインで可能な心理検査を実施しております。

 

心理検査

 現在実施している心理検査は次の通りです。
SRS-2 対人応答性尺度
自閉スペクトラム症に関連する特性を量的に把握するものです。対象者は2~18歳です。検査を実施する方は対象者の保護者となります。尚、あくまで特性を確認するものなので、診断するものではありませんので、その点についてご留意ください。所要時間は20分程度です。