ブログBlog

禁煙

コンビニにご注意ください 禁煙支援17

 コンビニは心理的にも非常に計算された配置になっています。老若男女の違いをよく理解しながら陳列されているなと感心させられることも多いのです。そして問題のタバコも絶妙なところにあります。普通の陳列棚におくことはできません。万引きされる可能性が高いからです。もし普通の陳列棚におけば、万引きしてとっさに逃げていく未成年の子供や生活苦のヘビースモーカーが目に浮かびます。おそらく法的にも問題があるのでしょう。そこでレジの後ろに陳列するこころがほとんどです。この場所であれば未成年の子供はなかなか買いにくいでしょう。この点は自動販売機で購入出来た時代から比べると良くなったところです。未成年者の喫煙、薬物使用はどれだけ社会が薬を手に入れやすい環境であるかが大きく左右するからです。ちなみにシンナー中毒の問題は以前と比較すると非常に少なくなっているのです。しかし禁煙を希望している方にとってはあの陳列は酷というものです。まず目にかならず入ってきます。こうなると渇望が生じやすくなります。また、ライターもありますし、丁寧なことに禁煙フィルター、加熱式タバコまで売っています。そして吸おうと思えば店内を出ると灰皿があって至れり尽くせりといったところです。禁煙間もない時期にはコンビニいくことはあまりおすすめできるものではありません。しかし生活にとって不可欠でもあります。できればタバコを購入することができないスーパーの利用を増やすことや、コンビニにいかなければならない場合には、タバコの陳列棚を目にしないこと、はやめに立ち去ることもひとつの方法です。もっとも禁煙が続けばそれほどコンビニを警戒する必要はなくなります。

ホームページ


E-Lifeカウンセリングセンター