ブログBlog

禁煙

喫煙の心理的耐性について

不快なことがあっても時間とともに苦痛が弱まって普段通りの生活に戻っていくということはよくあることです。喫煙者はタバコの火を消すとすぐに禁断症状がでてしまいます。そうするとすぐに不快になるので、また喫煙するという繰り返しになります。この依存のカラクリには別の側面があります。ノンスモカーはこのような体験はないので、時間とともに普段通りの状態に戻るという経験を多くしています。しかし喫煙者は不快感覚を生じるとすぐに喫煙してしまうために、時間経過によってストレスが低減することを経験することが少ないのです。したがってすぐに対処しようとするので、衝動的な行動への移行しやすくなります。