ブログBlog

禁煙

禁煙のためのカウンセリング 禁煙は怖くない

依存症を克服するうえで喪失感を理解することはとても大切です。依存になったきっかけには喪失感という感情が関連している場合はがあります。失恋や家族の分裂、進路の問題などです。一方で禁煙を試みてみようと思ったことによっても喪失感が生じます。喫煙による楽しみを奪われるのではないかという喪失感です。そうした喪失感が不安や恐怖を生みます。中にはタバコを止めることは死ぬほどつらいという方と訴える方もいらっしゃいます。しかし実際には禁煙で死ぬ人はいません。むしろ逆です。禁煙することがまったく不安や恐怖に値しないということを理解すると容易に禁煙することができます。アレンカーの禁煙セラピーはこうした点を重視しています。