ブログBlog

禁煙

はじめての喫煙

はじめて喫煙したときのことを禁煙セラピーでは思い出してもらいます。不思議とはじめて喫煙したときのことはよく覚えているものです。これは喫煙だけではなく覚醒剤など他のドラッグも一緒のようです。はじめての喫煙で咳き込んだり、頭がくらくらしたりして、不快な記憶として残っていることが多いのです。身体が毒物を必死で吐き出そうとするからです。セラピーではこの記憶はとても重要なのです。