ブログBlog

ブログ | 広島のカウンセリング・心理療法 E-Life カウンセリングセンター

禁煙

禁煙のコントロール 刺激からの回避

 禁煙セラピーでは最初に喫煙に関する物品(タバコ、ライター、灰皿などタバコに関連するもの)は持参していただいております。これは禁煙を実行するための意志表示でもあります。止めると決意した以上は、不要のないものは破棄する必要があるからです。依存症は未練の病気でもあります。止めると決意しながら、それに関連するものを所有するのです。リストカットを止めようと思っても、カッターナイフは捨てられないものなのです。これにはいろいろと考えがありますが、多くは今後の経過の不安から生じます。タバコではイライラしたらどうしようといったことです。禁煙セラピーではすべてを理解した上で破棄してもらうようにしています。すべてを理解すれば、物品を所有する意味がないことがこころの底から分かったといえるからです。

E-Lifeカウンセリングセンター 

ホームページ