ブログBlog

禁煙

生活習慣と喫煙を切り離す 禁煙支援35

 依存症の厄介なところは日常的な生活に強く結びつくという点です。起床後や食事後はもちろんのこと、宴会や入浴後、セックスの後などさまざまなところで喫煙が結びついてしまうのです。「なぜ喫煙するのですか?」という問いかけに「習慣だから」という応答がよくあります。喫煙は習慣ではなく薬物依存です。しかし喫煙行為の前後に食事や入浴といったものがありますので、依存なのか習慣なのかがわからなくなってしまうのです。またこうした日常生活の出来事と結びつくと、お互いが連動した行動となりますので、何かの行動を起こせば喫煙という繰り返しになります。例えば、コーヒーを飲むと喫煙したくなる、あるいはその逆の場合もあります。まずはそのパターンに気づく必要があります。そして、これを修正する必要があります。入浴の後に喫煙していた場合は、入浴後に歯を磨くといったことや、コーヒーの後はガムを噛むといったことが考えられます。少し時間がかかりますが、禁煙とは新しい生活を手に入れることになりますので、こうした点を意識されて取り組んでみることをおすすめします。

E-Lifeカウンセリングセンター 

ホームページ