ブログBlog

禁煙

喫煙してよかった記憶

投薬による禁煙補助の場合に有効だと考えられるのは、禁煙に伴う禁断症状の緩和です。これは我慢によって禁煙するよりかは、禁煙による苦痛を弱めることができます。しかし、依存症は身体依存よりも記憶や学習効果によってもたらされる要因も大きいのです。どのようなよい薬が開発されたとしても、喫煙によってリラックスできたとか、みんなと談笑しながら喫煙していたという記憶を消し去ってしまうことはできないのです。ここが依存症の厄介なところです。離脱症状を脱したあとも再喫煙してしまうのはこのためです。ストレスがかかった時にリラックスできたという記憶が想起されてしまい、渇望反応が生じます。こうなると我慢しないといけないとう状態に陥るので、再喫煙する可能性は一機に高まります。この記憶や学習されたことに介入することができるのは心理療法ということになります。