ブログBlog

禁煙

アンガーコントロールと喫煙

怒りのコントロールは物質摂取の影響を強く受けます。喫煙者はどうしてもイライラしてしまうので、怒りっぽい状態になりやすいのです。また禁断症状から喫煙というサイクルを何度となく繰り返しているため、ストレスが時間とともに減少していくという体験が少ないことも影響しています。怒りはストレスの解消方法でもあるので、手っ取り早い方法を選んでしまいます。