ブログBlog

禁煙

新臨床試験で、アレン・カーの「禁煙セラピー」が英国の代表的NHS禁煙治療と同等の効果

【ロンドン2020年1月23日PR Newswire=共同通信JBN】この種のもので最大かつ最も権威のある研究試験により、アレン・カーの「禁煙セラピー」(Allen Carr’s Easyway(ACE))は現在、ニコチンパッチ、ガム、電子たばこに代わる臨床的に証明された非常に効果的な薬を使用しない代替策であることが確認され、この方法が国民健康保険(NHS)の適用になる道が開かれた。

薬物を全く使わないアレン・カーの「禁煙セラピー」は23日、ロンドン・サウスバンク大学が実施したランダム化比較試験(RCT)により、現在、英国NHSの代表的禁煙治療サービスが提供しているニコチンパッチ、ニコチンガム、その他のニコチン製品と、1対1のカウンセリングサービスに依存した手法を上回らないとしても、少なくともそれと同等の効果があることが分かり、大きな後押しを受けた。

この研究はロンドン・サウスバンク大学(LSBU)の嗜癖行動研究センター(Centre for Addictive Behaviours Research、CABR)とロンドン大学セントジョージ校が実施し、23日、学術誌Addiction(注1)に掲載された。

アレン・カーの「禁煙セラピー」は、禁煙目標日から6カ月後の禁煙率19%を達成しており、現在の代表的NHS禁煙治療サービスは15%だった。この独立して実施されたランダム化比較試験には620人が参加し、310人がACE、310人が専門サービス(NHS)を受けた。禁煙は、参加者の呼気中の1酸化炭素を測定することにより確認された。