ブログBlog

禁煙

禁煙セラピーの催眠療法について

催眠療法は潜在意識にアクセスをかける方法です。しかし催眠誘導する際に、信頼関係がないと、抵抗が強くなり、アクセスすることが難しくなります。催眠の場合は、リラックス状態になると被暗示性が強くなりますので、とても重要ですが、それでも疑っているようであれば、催眠の効果は少なくなると考えられます。禁煙セラピーでは多くの時間を喫煙の価値について考察していきます。催眠の時間がそれにくらべるとわずかです。喫煙の意味のなさを疑っている状態であれば、催眠療法の意味がなくなるからです。