ブログBlog

禁煙

禁煙のためのカウンセリング うつと喫煙

精神科でカウンセリングしていて気づくことがあります。患者さんや医療スタッフに喫煙者が多いことです。おそらく誰も統計をとったことがないと思うので実態はわからないのですが、経験的に多いように思います。精神科で処方される薬はなんとかやめたり減らしたりしたいと思っているのに、タバコを止めようと思わないところが不思議なところですが、これが喫煙の根深い問題なのです。病院で処方されている抗鬱薬よりもタバコを優先してしまうのです。タバコが鬱を助長させていることはとても皮肉なことです。