ブログBlog

禁煙

禁煙のためのカウンセリング 感情の起伏

喫煙をした瞬間からイライラといった禁断症状を生じます。禁断症状は禁煙した時だけに生じるのではなく、タバコの火を消した瞬間からスタートするのです。このイライラを消失させたいため、次の1本を吸ってしまいます。これがタバコのトリックです。しかし別の問題も生じます。常にイライラしてしまい、それを喫煙で紛らわしているため、イライラを自然に消失させる技術を獲得することができません。したがって怒りっぽい、感情の起伏の激しい人格が形成されていきます。普段はおとなしいのにストレスがたまるとすぐに切れてしまったりします。これはニコチンによる残念な副産物です。