ブログBlog

禁煙

禁煙のためのカウンセリング 再喫煙への対処

禁煙は最初からうまくいく人もいれば、何度か失敗してしまう方も多くいます。データでは平均で3~4回は失敗するといわれています。視点を変えれば3~4回のチャレンジで成功するとも考えられます。禁煙セラピーは3回のセッションを受けることができるので、失敗しても再度チャレンジすることができるようになっています。失敗を容認するのではなく、失敗に備えるという点はとても大切です。禁煙に失敗すると、強烈な無力感や罪悪感、自己嫌悪に陥ってしまうからです。自信が大きかったり周囲からの期待が大きいとなおさら落ち込みがひどくなります。大切なことは失敗の原因をどこにするかという点です。失敗の原因は自分の意志が弱いからとか、タバコを吸いたくなる気持ちを抑えるのは無理なのだといったところに原因と考えると、再チャレンジへの動機を弱めてしまいます。失敗したからといって全部がダメになったわけではない、再喫煙のきっかけになった要因を見直しそれを取り除くことによってうまく対処できる、渇望はしばらくするとおさまっていくといった捉え方をしていくと禁煙への成功を高めてくれるきっかけとなるでしょう。