ブログBlog

禁煙

禁煙セラピーの催眠療法

禁煙セラピーでは催眠療法を用います。催眠療法というと期待を多く持たれるかたも多くいらっしゃいます。一方でテレビでやっているように本来の自分ではなくなってしまうのではないかという不安を抱く方もいらっしゃいます。禁煙セラピーの催眠療法の時間は30分と比較的短いものです。また内容は喫煙に限ったものになります。催眠だけでの禁煙効果については研究がさまざまですが、いまひとつというところです。どんなに催眠をかけても自分のためにならないとその方が判断すれば、催眠はかかりません。禁煙セラピーでどうして催眠療法を用いるかというと過去の潜在意識にフォーカスすることが重要だからです。喫煙によってみじめな時間を過ごした、喫煙していなくても問題なく生活できていた時期があったことなどをしっかり意識化したいことが目的となります。依存の本質は誤学習にあるので、本来の健康的で建設的な生活をしたいという潜在意識を活性化することがねらいです