ブログBlog

禁煙

禁煙したい人のための禁煙開始のタイミングについて

そろそろ身体が辛くなり、医療機関から指摘を受けて、禁煙を考えているが、スタートに躊躇してしまう方は少なくないと思います。正月、誕生日などいろいろときっかけを考えてしまうものです。禁煙に限ったことではありませんが、何かの活動を先延ばしにする場合は、何等かの不安があることが多いのです。禁煙を躊躇するものは何でしょうか。それは楽しみを失ったという喪失感になります。それは喫煙者の錯覚と禁煙セラピーでは定義していてます。実際には失うものは何もありません。気が狂ったり。頭を掻きむしったりといったことを想像する方もいますが、多くはそれほどのことではありません。したがってタイミングとしては「今すぐに」というのが答えになります。決心がとても大切です。決心したということは喪失感はないということを理解したことでもあります。一方でチャンピックスなどの薬を用いた方法を希望される場合には、認知行動療法といったカウンセリングを併用するのもひとつです。できれば服薬する前にこうした知識を習得しておくと成功率を高めることができると考えられます。薬物治療は禁断症状の軽減であり、記憶や学習にはほとんど関与しません。認知行動療法は現在の状況に影響を及ぼしている学習や記憶に介入します。したがってこうしたことを理解しておくと服薬を終えたあとのニコチンのない生活習慣の手助けとなってくれます。