ブログBlog

禁煙

白熊実験

ダニエルウェグナーが1987年におこなった心理学実験です。白熊の映像をみせ、その映像を覚えておくようにと指示されたグループ、覚えてもわすれてもどちらでもよいと指示されたグループ、絶対に覚えないでくださいと指示されたグループの3群に分けました。結果、一番覚えていたグループは覚えないでくださいと指示されたグループでした。依存症は意志が弱い人のなる病気だといわれますが、そうではなく、抑えようと思えば思うほど記憶がより強化されることが予測されます。意志の力のみでやめようとしてもうまくいかないのはこのような理由があることが考えられます。