ブログBlog

ブログ | 広島のカウンセリング・心理療法 E-Life カウンセリングセンター

心理療法・カウンセリング

ゲーム障害

ゲーム依存の相談が最近増えています。コロナ禍で家で過ごすことが多くなったのも原因かと思います。ゲーム依存の診断基準は基本的に他の依存症(アルコールや薬物)とよく似ています。アイテムを手に入れるといった気分を高揚される部分と、嫌なことを回避する両面があります。シューティングやポルノを利用したゲームは興奮性が高いため特に注意が必要です。

E-Lifeカウンセリングセンター

ホームページ