ブログBlog

ブログ | 広島のカウンセリング・心理療法 E-Life カウンセリングセンター

心理療法・カウンセリング

怒りのコントロール 予測する

 怒りの要素がわかってしまえば、怒りのコントロールはある程度は可能と思われます。何時もカリカリして怒りを爆発させているときがあるとすれば、その体験により予測することが可能です。ただ、予兆を見出すには少しコツが必要です。なぜならこうした知識がなければこれが怒りの予兆であることすらわからないからです。飲食や嗜好品は怒りを強める可能性がある場合があります。喫煙すれば、その後はイライラしますから、怒りが生じやすくなります。カフェインを多く摂取すれば、覚醒しますから、競争性が増すかもしれません。もちろん該当しない方もいらっしゃるかと思いますが、大切なのはこうした予兆を体験的に理解すれば、その対策がとれるようになりということです。

E-Lifeカウンセリングセンター 

ホームページ