ブログBlog

コラム

アンガーマネージメント

アンガーマネージメントという言葉をよく聞くようななりました。私が最初に用いたのは矯正施設の受刑者でした。その後さまざまな方と怒りについて考える機会を多くもたせていただきました。最初に重要なことは怒りの身体感覚に気づくことができるかどうかです。それができれば何をコントロールすればよいかが把握できるのようになるからです。