ブログBlog

心理療法・カウンセリング

ネガティブに考える癖 情報処理モデル

抑うつ傾向や不安傾向になる方は生活で生じる出来事をネガティブな部分だけに焦点を当てて、ポジティブな情報については割り引いて考えてしまう特性がしばしばみられます。本人はこれを自分の性格と思っていますが、情報処理のパターンともいえます。性格は変えられないとよくいいますが、こうした処理パターンを認識することで修正への展望が開けていきます。