ブログBlog

心理療法・カウンセリング

怒りのコントロール

怒りのコントロールについては最近はよく聞く機会が増えましたし、コントロール法を求められることも増えました。社会的ニーズもあるかと思います。感情を理解するには身体感覚の認識することをおすすめしています。それは比較的簡単であるからです。また怒りは二次感情であるため、ベースとなっている一次感情をとらえることが次のテーマとなります。