ブログBlog

心理療法・カウンセリング

ゲーム依存と視覚有意

ゲーム依存の状態になった大人や子供の発達検査(WAISやWISC)をとることがあります。傾向としては知覚推理の得点が高い印象をもちます。視覚からの情報にから、この世界の情報を多く取り込んでいるともいえます。こうした検査をすると本人や家族、あるいは教師に依存について客観的に説明する材料があり有益となります。