ブログBlog

心理療法・カウンセリング

身体感覚と感情

身体感覚が不快であると、感情はこの感覚に沿ったものに移行しやすく、かつ増幅させます。イライラした感覚があれば怒りっぽくなりますし、身体が重ければ、うつっぽいと感じやすくなります。そして気分はどちらによって生じているのかがわからなくなってしまいます。